おすすめのカードローンは大手企業

社会人になると、一人暮らしをすることでお金が必要になってきます。引っ越し費用だったり、冠婚葬祭や会社の飲み会など、絶対にお金が必要な場面も多いです。そんなときにお金が下せなかったり、口座にお金が入っていないケースが発生することもあります。経済的な問題に備えて、カードローンと契約を事前に行っておくといいでしょう。いつでもカードローンを利用できる状況を作っておくことで、経済的にピンチになったときに役に立ちます。しかし、はじめてカードローンを活用するひとにとっては、どの企業を選ぶといいか判断に困ることも多いです。そんなときには、テレビコマーシャルをしっかりと行っていたり、宣伝に力を入れている企業を選びましょう。全国的に知名度が高い企業は、安心感が強く、信頼できる企業だと判断できます。広告費にお金をかけることができるので、利用限度額も多いのが特徴です。すでに利用したことがある人のレビューやおすすめを参考にするのもいいです。

金利が低い企業や新規申し込みから1か月間や2か月間は金利無料の企業もあるので、はじめて利用する人は、特典が多い企業を選んでみるのもいいです。審査の基準に関しても企業によってことなるので、審査に通過しやすく、利用者にとってメリットが大きい企業を選択することで、賢くカードローンを活用することができます。おすすめのランキングを参考にすると、初心者向けの企業や使い勝手のいいカードローンの会社を見つけることができます。見つけるときの注意点は一つのカードローンの会社だけでなく、複数の会社を比較することです。短期で利用する人と長期で利用する人では、見るべきポイントが違うので気を付けましょう。翌月の給料日まで借り入れしたい人は、金利無料キャンペーンを行っている企業を選びましょう。長期間利用する人は、毎月の利息を少しでもおとすため、低金利のカードローンの会社を選ぶといいです。また、借入限度額に関してもチェックしておきましょう。

無理なく利用することが大事な銀行のカードローン

銀行のカードローンは、普通預金口座を持っている所であれば、すぐに申し込みをすることができるところが多くなっています。借入金は自分の預金口座に振り込んでもらうことができるので、気軽に利用できます。借入限度額や利息の割合については、利用する銀行のカードローンサービスによって異なっているので、自分が利用する金額によって、利息割合が安い所を選ぶと良いでしょう。カードローンの申し込みには、不動産などの担保を提供したり、親などに保証人になってもらうことが必要ないので、20歳以上の社会人であれば、自分の意志で利用開始することができます。借入したお金の返済方法は、一括払いと分割払いを選ぶことができ、分割払いを選択して無理なく少しずつ返済をしていくことも出来ます。利息については、借入金額や借入期間によって、金額が異なっており、借入期間が長くなるとその分利息の金額が大きくなってしまうので、余裕があると気には繰り上げ返済を行うと、利息の支払い額を抑えることができます。

利用限度額については、自分がどういった理由で借り入れをする必要があるのかによって、設定金額を選ぶこととなりますが、利用限度額が大きくなるとその分、審査が厳しくなります。利用する銀行のカードローンのサービスによって条件は異なっていますが、借入限度額が100万円を超えるようになってくると、審査申し込みの時に所得証明書の添付が必要となるケースが多くなります。所得証明書によって、返済能力などを審査されることとなるので、所得金額が少ない場合、高額な借入限度額の設定では審査に通らないこともあるでしょう。カードローンの利息を気にして、無理な返済を計画してしまうと、支払い期限にきちんと返済ができなくなり、遅延損害金を支払わなければならなくなってしまうので、注意が必要です。基本的には自分の収入に見合ったカードローンの利用をすることが重要であり、返済も毎月の収入で無理がないようにする必要があります。

銀行カードローンの特徴とは

カードローンには大きく分けて銀行カードローンと銀行以外の金融機関(消費者金融・信販会社)が提供しているカードローンがあります。銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利で借入できるのが特徴です。下限金利も上限金利もどちらも低い水準です。例えば銀行は1.8〜14.6%、4.0〜14.5%というところがありますが、消費者金融のほうは3.0〜18.0%、4.5〜18.0%という感じで金利が異なります。

金利が低いのでその分返済のときに必要な利息が少なくなり、返済の負担を軽くすることができます。また、借入限度額も銀行のほうは800万円や1,000万円、消費者金融だと最大500万円までと、前者のほうが高いです。すべての人が1,000万円まで借入限度額を設定できるわけではありませんが、条件を満たせば大口融資の可能性もあります。

ここまで見ると銀行カードローンにはメリットしかないように見えますが、そのぶん審査が厳しいです。消費者金融は安定した収入がある人が申し込み条件になっているのに対して、銀行は生活にゆとりがあって返済できる可能性が高い人を対象にお金を貸しています

ただし、専業主婦など本人に収入がなくても配偶者にゆとりある収入があれば融資可能になっている銀行カードローンもあります。消費者金融のほうは総量規制の関係で年収の3分の1までしか貸せないというルールがあるので、専業主婦のような年収0円の人にはお金を貸してくれません。

いずれの場合にも、返済能力は必ず審査で観られます。返済能力がないということは、金融機関にとって貸し倒れなどのリスクになるからです。このリスクを防ぐために、どの金融機関でも審査を事前に行い、ちゃんと返済できる人物かどうかを見定めています。

審査は各金融機関によって厳しさが異なりますが、どちらかというと消費者金融のほうが、若干は審査の基準が緩めに設定されている傾向にあります

カードローンの在籍確認って何をするの?

カードローンの申込みを行った場合に必ず行われるのが、在籍確認です。申込みの際に勤務先や勤続年数などを記載する欄がありますが、本当にその勤務先で仕事をしているのかどうかを確認するために行われるのが在籍確認です。

と言っても難しいものではなく、カードローン会社の方から在籍している会社に電話連絡がきますので、その時にその会社にいることがオペレーターが確認することができれば在籍確認は終了という簡単なものです。

しかし、電話がかかってきてカードローン会社からの電話だとわかると、他の人にお金に困っていることがわかってしまうのではないか、という不安を感じてしまうかもしれません。実際には在籍確認の電話はカードローン会社の名前ではなく、オペレーターの個人名で行うことになっていますので、電話をとった人にカードローン会社からの電話だとバレることはありません

電話に出た場合も特に自分の情報を伝えなければいけないというわけではなく、「はい」「わかりました」程度の言葉しか他の人には聞かれませんので、安心してください。仕事の都合で席を外しているような場合にも、同様に電話に出た人が「仕事で外出中」「会議中なので」など、その会社に在籍していることがわかるような発言を行えば、それが在籍確認になります

どうしても自分が電話で対応したいという場合には、必ず電話に出ることができるというタイミングを指定しておけば、多くのカードローン会社ではその時間帯での対応を行ってくれます。また、仕事が流れ作業などで仕事中には外部からの連絡を一切取り次ぐことができないというような場合には、事前にその旨を知らせておくと在籍確認の電話が必要ないケースもあります。その場合にはその会社に勤務していることがわかる、会社名の入っている直近の給与明細や源泉徴収票、その会社の人しか持つことができない社員証などの提出で在籍確認としてくれるケースもありますので、申し込みの前に相談してみると良いでしょう。

カードローンの返済方法とは

カードローンの返済方法ですが、今ではリボルビング払いと呼ばれる方法が主流になっています。このリボルビング払いというのは耳慣れない言葉かもしれませんが、多少残高が変動しようとも、毎月の返済額は一定になるような支払い方法のことです。

このリボルビング払いのメリットは、何と言っても毎月の支払額がほぼ一定であることから、家計の管理がしやすいことにあります。もし、残高に応じて毎月の支払い金額がころころ変わるようだと、一体今月はカードローンの支払いのためにいくら残しておかなければならないのかが極めて読みにくくなってしまいます。

結果として、十分に銀行口座にお金があるだろうと思っていても実際には支払い金額に足りなかったりということが起こるかもしれません。リボルビング払いの場合は予め毎月の支払い金額が分かっていますから、そのようなことは起こりにくいわけです。

ただし、例えば10万円を借りている場合でも100万円を借りている場合でも毎月の支払い金額が完全に同じということになりますと、両者で完済までにかかる月数が10倍の差があるということになってしまいます。

これでは、100万円を借りた場合に完済までにかかる月数があまりに長くなりすぎるか、あるいは逆に10万円の返済にかかる月数があまりに短くなって毎月の支払いが高額となり苦しくなってしまうかのどちらかとなり、いずれにしても現実的ではありません。

そのため、実際のカードローンのリボルビング払いでは、残高がある一定の範囲内に収まるときに限って毎月の支払い金額も一定となる、もしその残高範囲を越えてしまえば、毎月の支払い金額についても増加するというように、階段状の支払い金額が定められていることが多いです。

残高に応じて支払い金額がスライドすることから、残高スライド式リボルビング払いと呼ばれています。もちろん定められた金利は残高に対してかかってきますから、無理のない範囲で借り入れるようにする必要はあります。

カードローンの金利について

 

カードローンの商品概要を見ると、必ず金利が表記されています。ただ金利は一律表記ではなく、幅が設定されていることがほとんどです。これは融資額によって利率を変えるためであり、例えば借入が5万円と100万円では当然ながら利率は変わってきます。

またカードローンの限度額とも言える500万円や800万円の借入ができれば、5%などの低利率で借りることも可能でしょう。ただ初回の借入においては、設定された幅の中でも上限利率が適用されるのが普通です。5.0%~17.8%ならば、17.8%になると最初から考えておくのが無難でしょう。

カードローンの金利というのは、利用者が決めることはできません。
信用力が大きく利率に関わってくるので、例えば年収が同じでも仕事の安定性があるほど低利率で借入できるケースが多いのです。また過去にカードローンを利用したことがあり、一度も遅延せずに完済した方も評価は高くなります。信用力が高いほど低利率になる傾向があるので、ローンの利用期間中は遅延をしないように計画的に借りましょう。

低金利でカードローンを借りるためには、最初から低利率を設定しているローンを当たるべきです。銀行カードローンは消費者金融よりも数%ほど低利率なので、お得に借りたい方におすすめです。銀行は審査が難しいという話もありますが、過去に延滞がなければ借りられる確率は高いでしょう。他社借入も審査に影響しますが、1件くらいなら借入できることが多いです。

カードローンの審査

カードローンを申し込む時に一番心配なのが審査についてではないでしょうか。申し込みから審査、そして実際にカードローンを利用できるようになるまでには、どのような手順で行われるのでしょうか。

まずカードローンの申し込みにはインターネット、来店、郵送の3つのパターンがあります。近年ではインターネット上でも申し込むを行うことができるので、24時間いつでも自宅のパソコンやスマートフォンから申し込むことができます。大手の金融会社の場合には、申し込みの前にインターネットで自動審査が受けられます。いくつかの質問に対して入力していくと借り入れが可能かどうか判断してもらえます。ここで可能となったとしても、絶対に借りることができるというわけではないので注意しましょう。

申し込みが行われると、金融会社から電話連絡が入ります。これが本人確認であり、早いところでは申し込みから30分ほどで電話連絡があるでしょう。この時に実際に借りられる融資の金額が伝えられるでしょう。そして必要な書類を送ります。インターネットやスマートフォンからの申し込みの場合には、画像を添付して送れば大丈夫です。ファックスや郵送で送ることも可能です。

そして金融機関と、金融機関が提携する審査会社が審査を行います。在籍確認として勤務先に電話がかかってくる場合もあります。審査は、全ての借り入れ総額や年収、過去に延滞などがないか信用情報を開示するなどがして判断されます。

カードローンの返済方法

カードローンでお金を借りる際には、そのお金をいかに確実に返済できるかの計画を立てることが非常に重要です。特に、初めて借りる人や、仕組みをよく理解せずに借りている人などは、返済時にどのような方法で返済しているのかをよく知らないままになっています。それは非常にリスクが高いので、元本や利息などの基本的なことは確実に抑えておきましょう。

たとえば10万円を借りた場合に、ただ10万円を返済するのではありません。借り入れの際には、各金融機関が定めた金利というものがあり、それによって算定された利息というものも返済していかなければなりません。金利が1%だとすると、10万円の1%である1000円が利息となります。ちなみに元の10万円のことを元本といいます。

利息は月割り計算などの概念がありますが、ここでは単純に1000円のままで考えます。10万円を分割で返す場合、まずは優先的に利息から多めに返済していくことが基本になります。ただ、金融機関との契約によっては、元本も利息も同じ割合で一定金額ずつ返していくパターンもあるので、よく確認しておきましょう。

万が一返済が行き詰まった場合には、とりあえず利息分だけ返すことによって、期間を延長することになります。ただしこの場合には、元となる元本が減らないことになるので、予定額よりも多くの利息を支払うことになるので注意しましょう。お金を借りる際には、必ずこれらの基礎知識を知っておくことが大切です。

カードローンの借り換えについて

カードローンは借入先が増えやすいローンであり、現在でも3社以上から借りている方は少なくありません。件数が増えてしまう理由は、最初の業者から追加融資を受けられなくなるからです。例えば1社目のカードローンの利用可能額が30万円残っている状態なら、2社目から30万円を借りる必要はありません。1社目で借入できないけどお金が必要という場合に、2社目のローンに申し込んでしまうわけです。

現在は総量規制の問題があるので3社を超えて借りるのは難しいですが、総量規制前から借りている方だと5社以上も珍らしくありません。借入先が増えてきた場合は、おまとめローンで一本化するのが得策です。

一般的に行われているのは複数社の消費者金融から借入しているローンを、銀行カードローンでおまとめする方法でしょう。また借入先が1社しかない場合は、借り換えをすることになります。借り換えは無理にする必要はないですが、今よりも低金利ローンが見つかったら検討するべきでしょう。利息が減れば毎月の支払いも少なくなるので、お財布にも優しいことなのです。
今までと同じ返済額を維持するならば、返済期間を圧縮することができます。

いずれにしても、カードローンのおまとめ・借り換えともに、今よりも返済を楽にするのが目的です。審査に申し込んで落ちてしまっても、現状より状態が悪くなるわけではありません。何のリスクもないことなので、低金利ローンがあればすぐに乗り換えを考えましょう。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融というのはどちらも似たようなものに思うかもしれませんが、それぞれ違いがありますのでその辺をよく理解した上で利用をすることが大切です。最も大きな違いとしては総量規制の有無があり、消費者金融は総量規制の対象となっていますが、銀行カードローンは対象外となっているので年収の三分の一を越える金額を借りたいというときには銀行カードローンを選択するということになります。

銀行カードローンの方が金利が低めに設定をされているという特徴もあるので、総量規制の対象外ということと合わさって大きな金額を借りるのに適しています。その一方で消費者金融の独自のサービスとして無利息期間というのがあるので、これを上手く活用すれば金利の高めな消費者金融であっても金利の負担をなしにお金を借りることができるので、場合によってはこちらのほうが得をすることもあります。

全体的に見ればコストの面で銀行カードローンの方が有利に見えますが、消費者金融には審査スピードの早さという利点があり即日お金を借りることも可能となっているので、急ぎのときには役に立ちます。もちろん必ずしもその日の内に借りられるとは限りませんが、銀行よりも早く借りることができる可能性が高いのは間違いありません。

最近では両者の差がなくなりつつありますが、それでもはっきりと違う部分というのはいくつかありますから、お金が必要なときにはそれぞれの特徴を理解した上で選ぶことが大切です。