カードローンの返済方法

カードローンでお金を借りる際には、そのお金をいかに確実に返済できるかの計画を立てることが非常に重要です。特に、初めて借りる人や、仕組みをよく理解せずに借りている人などは、返済時にどのような方法で返済しているのかをよく知らないままになっています。それは非常にリスクが高いので、元本や利息などの基本的なことは確実に抑えておきましょう。

たとえば10万円を借りた場合に、ただ10万円を返済するのではありません。借り入れの際には、各金融機関が定めた金利というものがあり、それによって算定された利息というものも返済していかなければなりません。金利が1%だとすると、10万円の1%である1000円が利息となります。ちなみに元の10万円のことを元本といいます。

利息は月割り計算などの概念がありますが、ここでは単純に1000円のままで考えます。10万円を分割で返す場合、まずは優先的に利息から多めに返済していくことが基本になります。ただ、金融機関との契約によっては、元本も利息も同じ割合で一定金額ずつ返していくパターンもあるので、よく確認しておきましょう。

万が一返済が行き詰まった場合には、とりあえず利息分だけ返すことによって、期間を延長することになります。ただしこの場合には、元となる元本が減らないことになるので、予定額よりも多くの利息を支払うことになるので注意しましょう。お金を借りる際には、必ずこれらの基礎知識を知っておくことが大切です。