カードローンの金利について

 

カードローンの商品概要を見ると、必ず金利が表記されています。ただ金利は一律表記ではなく、幅が設定されていることがほとんどです。これは融資額によって利率を変えるためであり、例えば借入が5万円と100万円では当然ながら利率は変わってきます。

またカードローンの限度額とも言える500万円や800万円の借入ができれば、5%などの低利率で借りることも可能でしょう。ただ初回の借入においては、設定された幅の中でも上限利率が適用されるのが普通です。5.0%~17.8%ならば、17.8%になると最初から考えておくのが無難でしょう。

カードローンの金利というのは、利用者が決めることはできません。
信用力が大きく利率に関わってくるので、例えば年収が同じでも仕事の安定性があるほど低利率で借入できるケースが多いのです。また過去にカードローンを利用したことがあり、一度も遅延せずに完済した方も評価は高くなります。信用力が高いほど低利率になる傾向があるので、ローンの利用期間中は遅延をしないように計画的に借りましょう。

低金利でカードローンを借りるためには、最初から低利率を設定しているローンを当たるべきです。銀行カードローンは消費者金融よりも数%ほど低利率なので、お得に借りたい方におすすめです。銀行は審査が難しいという話もありますが、過去に延滞がなければ借りられる確率は高いでしょう。他社借入も審査に影響しますが、1件くらいなら借入できることが多いです。