カードローンの返済方法とは

カードローンの返済方法ですが、今ではリボルビング払いと呼ばれる方法が主流になっています。このリボルビング払いというのは耳慣れない言葉かもしれませんが、多少残高が変動しようとも、毎月の返済額は一定になるような支払い方法のことです。

このリボルビング払いのメリットは、何と言っても毎月の支払額がほぼ一定であることから、家計の管理がしやすいことにあります。もし、残高に応じて毎月の支払い金額がころころ変わるようだと、一体今月はカードローンの支払いのためにいくら残しておかなければならないのかが極めて読みにくくなってしまいます。

結果として、十分に銀行口座にお金があるだろうと思っていても実際には支払い金額に足りなかったりということが起こるかもしれません。リボルビング払いの場合は予め毎月の支払い金額が分かっていますから、そのようなことは起こりにくいわけです。

ただし、例えば10万円を借りている場合でも100万円を借りている場合でも毎月の支払い金額が完全に同じということになりますと、両者で完済までにかかる月数が10倍の差があるということになってしまいます。

これでは、100万円を借りた場合に完済までにかかる月数があまりに長くなりすぎるか、あるいは逆に10万円の返済にかかる月数があまりに短くなって毎月の支払いが高額となり苦しくなってしまうかのどちらかとなり、いずれにしても現実的ではありません。

そのため、実際のカードローンのリボルビング払いでは、残高がある一定の範囲内に収まるときに限って毎月の支払い金額も一定となる、もしその残高範囲を越えてしまえば、毎月の支払い金額についても増加するというように、階段状の支払い金額が定められていることが多いです。

残高に応じて支払い金額がスライドすることから、残高スライド式リボルビング払いと呼ばれています。もちろん定められた金利は残高に対してかかってきますから、無理のない範囲で借り入れるようにする必要はあります。