カードローンの在籍確認って何をするの?

カードローンの申込みを行った場合に必ず行われるのが、在籍確認です。申込みの際に勤務先や勤続年数などを記載する欄がありますが、本当にその勤務先で仕事をしているのかどうかを確認するために行われるのが在籍確認です。

と言っても難しいものではなく、カードローン会社の方から在籍している会社に電話連絡がきますので、その時にその会社にいることがオペレーターが確認することができれば在籍確認は終了という簡単なものです。

しかし、電話がかかってきてカードローン会社からの電話だとわかると、他の人にお金に困っていることがわかってしまうのではないか、という不安を感じてしまうかもしれません。実際には在籍確認の電話はカードローン会社の名前ではなく、オペレーターの個人名で行うことになっていますので、電話をとった人にカードローン会社からの電話だとバレることはありません

電話に出た場合も特に自分の情報を伝えなければいけないというわけではなく、「はい」「わかりました」程度の言葉しか他の人には聞かれませんので、安心してください。仕事の都合で席を外しているような場合にも、同様に電話に出た人が「仕事で外出中」「会議中なので」など、その会社に在籍していることがわかるような発言を行えば、それが在籍確認になります

どうしても自分が電話で対応したいという場合には、必ず電話に出ることができるというタイミングを指定しておけば、多くのカードローン会社ではその時間帯での対応を行ってくれます。また、仕事が流れ作業などで仕事中には外部からの連絡を一切取り次ぐことができないというような場合には、事前にその旨を知らせておくと在籍確認の電話が必要ないケースもあります。その場合にはその会社に勤務していることがわかる、会社名の入っている直近の給与明細や源泉徴収票、その会社の人しか持つことができない社員証などの提出で在籍確認としてくれるケースもありますので、申し込みの前に相談してみると良いでしょう。