銀行カードローンの特徴とは

カードローンには大きく分けて銀行カードローンと銀行以外の金融機関(消費者金融・信販会社)が提供しているカードローンがあります。銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利で借入できるのが特徴です。下限金利も上限金利もどちらも低い水準です。例えば銀行は1.8〜14.6%、4.0〜14.5%というところがありますが、消費者金融のほうは3.0〜18.0%、4.5〜18.0%という感じで金利が異なります。

金利が低いのでその分返済のときに必要な利息が少なくなり、返済の負担を軽くすることができます。また、借入限度額も銀行のほうは800万円や1,000万円、消費者金融だと最大500万円までと、前者のほうが高いです。すべての人が1,000万円まで借入限度額を設定できるわけではありませんが、条件を満たせば大口融資の可能性もあります。

ここまで見ると銀行カードローンにはメリットしかないように見えますが、そのぶん審査が厳しいです。消費者金融は安定した収入がある人が申し込み条件になっているのに対して、銀行は生活にゆとりがあって返済できる可能性が高い人を対象にお金を貸しています

ただし、専業主婦など本人に収入がなくても配偶者にゆとりある収入があれば融資可能になっている銀行カードローンもあります。消費者金融のほうは総量規制の関係で年収の3分の1までしか貸せないというルールがあるので、専業主婦のような年収0円の人にはお金を貸してくれません。

いずれの場合にも、返済能力は必ず審査で観られます。返済能力がないということは、金融機関にとって貸し倒れなどのリスクになるからです。このリスクを防ぐために、どの金融機関でも審査を事前に行い、ちゃんと返済できる人物かどうかを見定めています。

審査は各金融機関によって厳しさが異なりますが、どちらかというと消費者金融のほうが、若干は審査の基準が緩めに設定されている傾向にあります