仮想通貨とは?研究室で独自調査してみました。

仮想通貨とは

当研究室で仮想通貨について調べてみましたので参考にどうぞ。

概要

 

仮想通貨とはインターネット上に存在し、物品やサービスの対価としても使用できるデジタルマネーのことをいいます。目に見えるものではなく、インターネット上で取引きするだけですので、コインや札束があるわけではありません。

電子マネーと混合している人もいますが、電子マネーはカードにお金を入金して利用できるのに対して、仮想通貨はカード自体が必要ありません。

日本には法定通貨として円がありますが、仮想通貨の場合には法定通貨とはまた別の通貨になります。

仮に日本が破綻し、日本円が使えなくなった場合でも仮想通貨は利用することができるのが特徴です。そのため、日本国内だけでなく海外などで買い物する場合でも両替せずに利用できる点で、メリットがあるといえます。

 

問題点について

 

仮想通貨の問題点はいくつかありますが、そのうちの一つは相場が変動しやすいことです。法定通貨も価値が変動することがありますが、仮想通貨ほどではなく上下の動きがそこまで大きくありません。

投資として仮想通貨を利用する場合であれば問題ありませんが、実際に通貨を使うことを考えると、価値の変動が激しすぎて使うタイミングが難しいといった欠点があります。

もう一つは、日本国内で仮想通貨を使うことができるお店がまだまだ少ないことです。外国の場合は、インターネットの売買をする場合に数千のお店で利用できるのがポイントですが、日本の場合には100店舗未満しか利用することができないため、まだまだ通貨として流行るには時間がかかりそうです。

 

金融庁への登録

 

仮想通貨を購入する場合には、取引所を通じて購入する必要があります。基本的には、株を購入する場合などと同じように取引できる機関を通さなければ手に入れることができません。

初期のころは、海外にしか取引き出来る機関がなく、しかもほとんどは英語で対応していたため英語が読めない人にとっては使いにくかった時もありました。ですが、日本でも本格的に仮想通貨が広まり始めてからは日本語に対応している仮想通貨の取引き所が多くなったため、容易に仮想通貨を購入することができるようになっています。

取引所もさまざまのとこがありますが、基本的には日本で取引きをする場合は金融庁への登録が必要になります。裏を返せば、金融庁の登録をしていない業者に出会うことはないでしょうが、セミナーなどでは注意が必要です。