仮想通貨ランキングについて研究レポート

ビットコインが時価総額ランキングでは1位なのは知らない方でも言われれば、そうだろうなとなりますが、アルトコインはどうでしょう?以外な銘柄がトップ10に入っているかもしれません。それでは2位から解説していきます。

2位のイーサリアム(ETH)

イーサリアムはスマートコントラクトと呼ばれる契約情報をブロックチェーン上に記録することが出来ます。現在は企業間の取引はいまだに紙媒体が多いですが、これがネット上に保存できて尚且つ、最も信頼できる仕組みが出来たら誰でも取り入れる可能性があります。また、イーサリアムはDappsという分散型アプリケーションをブロックチェーン上に誰でも作ることが出来ます。イーサリアムに必要なプログラミング言語は「Solidity」というJavaScriptに似た性質を持つ構文で、JavaScript経験者であれば、理解はしやすいです。

このDappsが爆発的にヒットすれば、そこで課金される通貨にETHが使われるためETHの需要が増えて価格が上昇しやすくなります。実際にイーサリアムでは仮想子猫(CryptoKitties)という育成アプリが大ヒットし、イーサリアム価格に貢献しました。

3位のリップル(XRP)

リップルは世界中の銀行と提携を進めて国際送金の巨大なネットワークシステムを創る目的があります。リップルは価格が上がりにくいと言われていた背景は、リップル社が自社の持ちXRPを毎月売却していたという事実がありました。一時期は200円以上の価格をつけたリップルですが、現在は100円と半額以下の価値まで暴落してしまいました。

リップルは日本企業ではSBIと提携し、SBI Ripple Asiaを設立して業務を進めています。仮想通貨は「非中央集権」という仕組みを売りにして投資家たちの目線をくぎ付けにしてきましたが、リップルはどちらかというと中央集権の部分があります。このため先ほどの自社で持っているXRP売却を含め、リップルを非難する投資家が非常に多いのです。

よくわからないから買わないという方も居ますし、熱狂的なファンもいます。あの有名な与沢翼もリップルを大量購入し長期的に保持していました。長い目で見ればリップルそのもののプロジェクトは素晴らしいですし、社会貢献にもなっています。今後のリップルの動向には目が離せません。

4位ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュはご存知の方も多いでしょうがビットコインからのハードフォークにより生まれました。ビットコインに代わる決済手段として開発を進めています。以前はマイナーたちの談合により価格が押し上げられましたが、最近では相場はおとなしい状況が続いています。

ビットコインとは?について研究室がレポート!

ビットコインとは

仮想通貨はビットコインから始まりましたが、仕組みから購入方法までしっかり解説します。

概要

 

ビットコインは数多くの種類が登場している仮想通貨のなかで最初に誕生し、最も流通量が多く価値が高い仮想通貨です。その他の仮想通貨はビットコインによって確立された技術を応用して生み出されていることからも影響力の高さが分かるはずです。

ビットコインを知らない人に向けてわかりやすく説明するならば、発行元が存在しない電子マネーというたとえが適切です。

通常の電子マネーと同じように商品やサービスの決済として利用することができ、その承認はブロックチェーンという技術によって多くのユーザーが取引台帳に記録することで運用されているのです。

仮に不正な取引が行われたとしても、ほかのユーザーのブロックにはその取引が記録されていないため承認されないという構造です。

 

仕組み

 

電子マネーの場合は発行体が取引記録を中央管理していますが、ビットコインはネットワークで分散管理されているということに特徴があります。その技術がビットコインで用いられている仕組みの根幹となるブロックチェーンです。

ビットコインを利用するユーザーがブロックと称されている取引台帳を持っていて、世界中で発生したビットコインの取引を自らの台帳に記録しているのです。ユーザーが持つブロックはほかのユーザーのブロックと繋がる、つまりチェーンされることで正確性が保たれて信用が維持されます。

ユーザーは取引記録の記帳を行うことで報酬としてビットコインを受け取ることが出来ますが、現在はその難易度が高まっているため購入することが主流になっています。

 

購入方法

 

ビットコインの購入方法は二種類あり、一つは販売所で購入するという手段でもう一つは取引所で売買するという手段です。

どちらもアカウントを作り現金を入金することで購入することが出来ますが、販売所の場合は販売価格が販売所の指定で決められていることに対し、取引所では需給によって常に変動するという特徴があります。

ビットコインの売買は株式取引や為替取引と同じように、需要と供給のバランスによって価値が変わります。ビットコインが欲しい、つまり買いたいと考える人が多ければ価値が高まり、逆に売りたいと考える人が多ければ価値が下がります。売買を行う際は現在値をしっかりと確認し、高騰しているときに買わないことが大切です。

GMOコインについてレポート!研究室データ

GMOコイン

 

特徴

 

仮想通貨取引き所のGMOコインの特徴のひとつは、スプレッドが低く設定されていることです。ビットコインのスプレッドは、レバレッジを一切かけない時に関しては基本が5000円に固定されているのが特徴です。

他の業者と比べると、安い業者でも8530円ぐらいはします。一方で、高いところでは6万3千円以上となっており、比較をすることでGMOコインがお得なことがわかります。

GMOコインのアプリは、「ビットレ君」と呼ばれているものを開発しており、何よりも相場が見やすいのが特徴になります。色の配色だけでなく文字の大きさもちょうど良く、なおかつ必要な情報のみを見たい場合には瞬時に情報を補足することが可能です。チャートも、現在だけでなく過去からの流れが分かりやすくなっているのも人気の理由の一つです。

 

手数料が無料なのは大手ならでは

 

GMOコインのもう一つの魅力は、手数料が無料になっていることです。通常仮想通貨の取引を行う場合には、一回の取引きに対して手数料がかかるのが基本です。

業者によって若干異なるものの、購入する通貨の0.1パーセントから0.2パーセントが手数料になっていることが多くなります。これは、100万円分購入をすると0.1パーセントで1000円、0.2パーセントで2000円ほどの手数料になっており、取引の回数を重ねるごとに大きな負担になるのは間違いありません。

ですが、GMOコインでは、何回購入しても一切手数料がかからないため頻繁に仮想通貨を売買する人にとってはメリットが大きくなります。ビットコインのFXを行う場合も手数料がかからないため、デイトレードなどに向いています。

 

GMOコインの評判

 

GMOコインの評判もいろいろなものがありますが、投資家にとってのメリットとしては世界で有数の証券会社なことです。そのため、取引きをしている最中に倒産をする危険性がほとんどないため安心して取引きをすることができると感じている人が多いです。

また、ビットコインFXを行う場面ではレバレッジが最大5倍まで設定することができるため、ほかの会社に比べても少額の資金でたくさんの仮想通貨を動かすことができる点が魅力です。

さらには、追証も一切ないため、レバレッジを高く設定している人でも、元金以上に損をしてしまい借金を抱える心配もありません。

通貨に関しては、ビットコイン以外にも取引きできる通貨が多いのが魅力です。たとえば、アルトコインやライトコインも取引きできるため幅広い仮想通貨の取引を楽しむことが出来ると評判です。

 

リップルとは?についてレポート調査!

リップルとは

人気のリップルの仕組みや将来についても研究室でレポートにしました。

概要

 

リップルはビットコインの技術を応用して誕生した仮想通貨です。

最大の特徴は他の仮想と違い国際送金や決済に使用される決済プロトコルとして支配的な地位を得ることを目指すという明確な目標を持って開発、運用されている点にあります。

そのためビットコインなどのようにマイニングは行わず、代わりにプルーフオブコンセンサスを導入することで高速な取引と安全性を実現しており、これによりリップルは既に多くの民間銀行や中央銀行のサービスに導入されはじめています。

投資というよりも投機、ギャンブルに近い立ち位置の仮想通貨が多い中で次世代の国際決済サービスを目指して成長を続けるリップルの評価は時価総額で一時元祖のビットコインを追い抜くなど高く評価されています。

 

仕組み

 

リップルネットワークでは従来のマイニングシステムにかわりプルーフオブコンセンサス方式を採用しています。これは承認者と呼ばれる役割を与えられた人々がリップルの取引の整合性を承認し、承認者のリスト(ユニーク・ノード・リスト)の承認率が80%以上となった取引を有効と認めるシステムです。

これによりリップルはビットコインなどのように大量な電気消費を必要とせず、遅延のない高速な取引を可能にしています。

2018年現在ユニーク・ノード・リストにリストされているサーバーの大部分はリップル社のもので構成されているため、仮想通貨としてはかなり中央集権的なシステムになっていますが、リップル社はこれに対し将来段階的に非中央集権的なネットワークにしていく方針を表明しています。

 

将来性

 

リップルは数千を超える仮想通貨の中で最も将来性が高いと言っても過言ではありません。その理由は管理、運営を行っているリップル社が次世代国際送金サービスの王者になるという明確なビジョンを持っている点にあります。

この点でリップルは開発者が売り逃げを狙っている詐欺まがいの仮想通貨とは一線を画します。

2014年には世界的大企業であるグーグルも投資し、これを見た大企業が我先にとパートナーシップを締結するなど、その足場の盤石差と信頼性は玉石混淆の仮想通貨業界で群を抜いています。

今から投資をしても翌日には紙切れに変わってしまったといった被害にあう可能性は限りなく低いといえます。ただ既に十分な高値がついているためここから更に10倍、100倍と高騰を期待するのは難しい仮想通貨です。

 

 

イーサリアムとは?についてレポート

イーサリアムとは

人気があるイーサリアムについて研究室でレポートにまとめました。

概要

 

イーサリアムは、先行でもっとも有名なビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。単位はイーサで、さまざまなプラットフォームに柔軟に対応できるという強みを持っています。

ブロックチェーンでありながら、分散型アプリケーションを利用することでその中にスマートコントラクトという契約情報を書きこんでしまうという画期的なシステムをとっているイーサリアムは今もっとも注目を浴びる仮想通貨の一つです。

ビットコインを後追いする形ではあるものの、その問題点を改善し進化した形態をとっているため使い勝手も向上し、これからますます成長が見込めます。仮想通貨を利用するなら、このイーサリアムは必ず押さえておきたい通貨と言えます。

 

仕組み

 

イーサリアムの強みは、なんといってもアプリケーション作成プラットフォームとしての機能の充実です。なかでも、「スマートコントラクト」、これが最大のストロングポイントと言えます。

スマートは「洗練された」、コントラクトは「契約」ですから、契約の内容までもブロックチェーン内に書きこみ、履歴として残しておくことが出来てしまいます。

このため使いやすさや利便性、ペーパーレス化に非常に貢献する形態の仮想通貨となっています。ブロックチェーン自体が画期的であるのに、それを応用しさらに進化させた形のイーサリアムは時代の数歩先を歩いている、そんな先進性を持っています。脆弱性を補う修正も順次なされており、今後はセキュリティ面でも強化が期待できます。

 

イーサリアムの将来性

 

現在仮想通貨は次々に開発がなされており、その数は700種類以上とも言われます。当然後発の通貨のほうが性能は高くなっていき、現存の通貨は少しずつ性能で後れを取る可能性も出てきます。

しかしイーサリアムはアプリケーションの開発機能を備えているため、どんどんと機能を改善することが容易であり後発の波に飲まれにくい強さがあると言えるのです。

現在時価総額二位というスケールメリットも活かし、また先行で知名度が高いことを考えるとイーサリアムの今後の発展は期待できるものがあります。投資対象としても注目を集めているため、値動きは大きいもののそれが落ち着けば通貨本来の価値でしっかりとした地位を築くものと予想されます。

 

 

仮想通貨とは?研究室で独自調査してみました。

仮想通貨とは

当研究室で仮想通貨について調べてみましたので参考にどうぞ。

概要

 

仮想通貨とはインターネット上に存在し、物品やサービスの対価としても使用できるデジタルマネーのことをいいます。目に見えるものではなく、インターネット上で取引きするだけですので、コインや札束があるわけではありません。

電子マネーと混合している人もいますが、電子マネーはカードにお金を入金して利用できるのに対して、仮想通貨はカード自体が必要ありません。

日本には法定通貨として円がありますが、仮想通貨の場合には法定通貨とはまた別の通貨になります。

仮に日本が破綻し、日本円が使えなくなった場合でも仮想通貨は利用することができるのが特徴です。そのため、日本国内だけでなく海外などで買い物する場合でも両替せずに利用できる点で、メリットがあるといえます。

 

問題点について

 

仮想通貨の問題点はいくつかありますが、そのうちの一つは相場が変動しやすいことです。法定通貨も価値が変動することがありますが、仮想通貨ほどではなく上下の動きがそこまで大きくありません。

投資として仮想通貨を利用する場合であれば問題ありませんが、実際に通貨を使うことを考えると、価値の変動が激しすぎて使うタイミングが難しいといった欠点があります。

もう一つは、日本国内で仮想通貨を使うことができるお店がまだまだ少ないことです。外国の場合は、インターネットの売買をする場合に数千のお店で利用できるのがポイントですが、日本の場合には100店舗未満しか利用することができないため、まだまだ通貨として流行るには時間がかかりそうです。

 

金融庁への登録

 

仮想通貨を購入する場合には、取引所を通じて購入する必要があります。基本的には、株を購入する場合などと同じように取引できる機関を通さなければ手に入れることができません。

初期のころは、海外にしか取引き出来る機関がなく、しかもほとんどは英語で対応していたため英語が読めない人にとっては使いにくかった時もありました。ですが、日本でも本格的に仮想通貨が広まり始めてからは日本語に対応している仮想通貨の取引き所が多くなったため、容易に仮想通貨を購入することができるようになっています。

取引所もさまざまのとこがありますが、基本的には日本で取引きをする場合は金融庁への登録が必要になります。裏を返せば、金融庁の登録をしていない業者に出会うことはないでしょうが、セミナーなどでは注意が必要です。